So-net無料ブログ作成

日本鋼管病院が診療報酬1億5千万分を過大請求か 常勤看護師数を水増し(産経新聞)

 日本鋼管病院(川崎市)が平成20年、病院の収入となる入院患者の医療費(入院基本料)を算定する際、常勤看護師の人数を実際よりも30人以上多く国に届け出て、診療報酬を8カ月で1億5千万円以上過大に受け取っていた可能性があることが23日、分かった。入院基本料は入院患者に対する看護師の割合が高い程、多く受け取れる。同病院は看護師数を水増し、国に報告していた疑いがあるとして、関東信越厚生局神奈川事務所は事実関係を調査する方針。

 同病院によると、同病院が同年7月、神奈川社会保険事務所(現厚生局神奈川事務所)に施設基準を届け出る際、実際には看護師数が175人だったにもかかわらず、系列のクリニックに勤務する看護師や育休中の看護師などを加えて32人多い207人と届け出ていた。

 厚生労働省によると、診療報酬の算定では、入院患者7人につき看護師を1人以上配置すると、患者1人当たりの入院基本料として1万5550円が受け取れる。「7対1」の配置は入院基本料が最も多く受け取れる最高ランクの施設に該当する。一つ下のランクの「10対1」だと1万3千円となり、医療機関の収入が減少する。

 日本鋼管病院は事実関係を認めたうえで「手続きの理解不足のため、非常勤や育児休業中の看護師も全員常勤として報告してしまった」としている。

【関連記事】
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相
開業医電話相談「24時間」義務付けは見送り 診療報酬改定で厚労省
診療報酬22年度改定 30床の療養病院 在宅患者の暮らし支える
診療報酬改定 開業医に甘すぎては困る
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申

高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
新たに男2人逮捕=工事現場の遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)
山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結−東京地裁(時事通信)

【集う】「ロシア初−現代日本絵画−日本の美展」記者会見(産経新聞)

 □2月8日、東京都千代田区の帝国ホテル

 ■ロシアから発信、12人の90作品

 近ごろモスクワにはやるもの、すし、ユニクロ、村上春樹…。かつてなく日本への関心が高まっているとされるロシアで、現代日本絵画を紹介する企画が進んでいる。今年6月から10月にかけて、モスクワとサンクトペテルブルクで行われる巡回展示に先立ち、都内で記者会見が行われた。

 出展されるのは、画家12人の約90作品。企画した画廊「ギャラリー白石」の白石幸生代表は「日本の現代作家がこれだけの規模でロシアで発表するのは初めて」と強調した。

 「日本と国境を接しているヨーロッパの国はロシアしかない。ロシアでの展覧会はヨーロッパにそのまま伝わる。ニューヨークやロンドンの美術オークションにも、ロシアのコレクターはたいへんな勢いで参加している。日本の美術をまずロシアのマーケットに広げたい」

 出展画家の一人で、一昨年、ロシアで初の海外展示を行った宮廻(みやさこ)正明さんは「見る人の愛情が伝わってきた。今まで日本でしか発表してこなかったのが、文化で世界に出ていけるのではないかということを気づかされた。ロシアに自分の絵が通じれば、それが染み込むようにヨーロッパ、アメリカに伝わっていくのではないか」と語った。

 同じく出展画家の大藪雅孝さんは、日本画、洋画、現代美術と分ける日本の美術界に疑問を呈した。「今回はいろんなジャンルの作家が集まっているが、画材や技法がどうであろうと、日本人が描く絵は当然日本画であって、かつコンテンポラリーだ」と、国内のジャンル区分を批判。「ロシアを発信地として、世界に日本のアイデンティティーや文化を伝えられれば」と意欲をみせた。(磨井慎吾)

「たまゆら」運営法人の認証取り消し=理事長ら起訴受け−群馬県(時事通信)
<強風>関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
河村市長のブレーン離反…放課後対策問題巡り(読売新聞)
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑−変装し逃亡か・警視庁(時事通信)
大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)

政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)

 政府は19日の閣議で、自衛隊のイラク派遣について「戦闘行為が行われていない地域で、(イラク派遣を定めた)法の規定に従って行われるものである限りは違憲とは考えていない」とする答弁書を決定した。赤嶺政賢衆院議員の質問主意書に答えた。

 自衛隊を派遣した当時の政府の判断が誤りだったかどうかに関しては「当時の政府の判断は、異なる判断もあり得たとの考えもあり、検証は将来の課題である」とした。

【関連記事】
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
「消えた日本」と同盟の信頼
「撤退」で失われる安保情報 日本の国際協力後退を憂慮する 
20年後、日本はありますか?

牛丼「すき家」ご難、横浜と千葉県の店に強盗(読売新聞)
精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持−マウスで発見・日米チーム(時事通信)
両親口論、長女刺され死亡=母も負傷、海上に父の遺体−大分(時事通信)
牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
<S−1>初の総合王者にNON STYLE 1億円獲得(毎日新聞)

米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)

 鳩山首相は21日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「米側は頑固に現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにはとらわれない幅広い考え方も持ち合わせていると思う」と述べ、米側が現行案以外を受け入れることに期待感を示した。

 都内で記者団の質問に答えた。首相はその上で、「これから我々の考え方をまとめ、米国の理解を得られるよう努力する」と強調した。

 一方、社民党党首の福島消費者相は21日、横浜市内で記者団に「社民党は国外、グアムが一番と提案している。もっと主張していきたい」と述べ、新たな県内移設案での政府案取りまとめをけん制した。

強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任−長野地裁(時事通信)
【ゆうゆうLife】認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成(産経新聞)
<覚せい剤>元警部補が「密売人紹介」初公判で検察(毎日新聞)
郵政改革、今週決断=政府出資と郵貯限度額が焦点−亀井担当相(時事通信)
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判−東京地裁(時事通信)

トキ襲撃 正体はテン 網目62カ所拡大 すき間から侵入か(産経新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで国の特別天然記念物トキが小動物に襲われて死んだ問題で、環境省は11日、襲ったのは「テン」と判明したと発表した。ケージ内の雪面に残っていた足跡の写真を専門家に確認してもらい断定した。

 ケージの金網の網目(側面2・5センチ四方、天井4センチ四方)が62カ所にわたって広がっており、そのすき間から侵入した可能性がある。すき間は最大で縦9センチ、横12センチまで広がっていた。また、テンがケージ内にまだいる可能性が高いことから、わなを仕掛ける。

 死んだトキは9羽、他に1羽が重傷を負った。センターにいるトキは負傷した1羽をあわせて103羽になった。

 環境省が監視カメラ映像を確認したところ、ケージ内のトキが9日午後8時すぎから、10日午前6時前までに計10回にわたり通常と違う鳴き声をしていることから、この時間前後に襲われた可能性が高いという。

 テンは体長40〜50センチ。夜行性でカキやアケビなどの植物のほか、鳥や昆虫や両生類なども襲う。

 環境省は今秋、21羽のトキを野生に返す第3次放鳥を計画していたが、白紙に戻す可能性が高い。

 同ケージでは平成20年、被害が出なかったがイタチが侵入したことがあった。

「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」−頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)
福岡県警巡査部長を逮捕=女子高生に強制わいせつ容疑(時事通信)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
軽自動車27万4000台リコール=ダイハツ(時事通信)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)

民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?(産経新聞)

 民主党内に夏の参院選に対する危機感が急速に広がっている。鳩山由紀夫首相、北海道教職員組合(北教組)、小沢一郎幹事長にからむ「政治とカネ」の問題の影響が大きいが、その小沢氏は「若さ」と「女性」をキーワードに候補者決定を進めており、党内の批判などどこ吹く風といった様子だ。昨年の衆院選では「小沢ガールズ」旋風も手伝い、民主党を圧勝に導いたが、内閣支持率に加え民主党の政党支持率も低下する逆風の中で「2匹目のドジョウ」はいるのか−。

 今月4日、茨城県連会長の大畠章宏衆院議員らが国会内の幹事長室に出向き、茨城選挙区(改選数2)の2人目の候補者について、具体名をあげて公認を求めた。だが、小沢氏は「選挙は絶対に妥協しない。徹底的にやるからな」と述べ、了承しなかった。大畠氏が県連の意向として示したのが、60代の男性弁護士だったからだ。

 茨城選挙区は現職の郡司彰農水副大臣の公認が決まったが、2人目は未定。民主党は改選数2以上の選挙区には複数の候補者を擁立する方針。現職がいる選挙区の2人目は女性や若者を中心に擁立しているが、党や連合などの組織を重視する現職とは異なり、新人の当選には浮動票獲得が欠かせないと踏んでいるのだ。

 民主党は3日、第1次公認候補87人(選挙区47人、比例代表40人)を発表したが、選挙区の新人は19人。このうち女性は9人で、肩書はテレビリポーター、元アナウンサー、介護アドバイザー、弁護士などさまざまだ。

 小沢氏は昨年の衆院選で、青木愛、田中美絵子、福田衣里子氏ら若手女性を擁立し、メディアの話題をさらった。平成17年の郵政選挙での小泉純一郎元首相の「刺客作戦」を彷彿(ほうふつ)させるものだった。

 一方、年齢でも小沢氏は若年層にターゲットに参院候補の選定を進めている。1次公認の選挙区候補のうち、現職は28人で平均年齢は55歳。新人19人の平均年齢は43歳で、現職よりもひと回り若い。最年少は兵庫選挙区(改選数2)の元厚生労働省キャリア、三橋真記氏と鳥取選挙区(改選数1)の医師、坂野真理氏で、ともに32歳の女性だ。

 小沢氏の最近の地方行脚の多くは、候補者の擁立記者会見だ。鳥取選挙区の坂野氏の擁立では、5日に鳥取市内で記者会見し、「彼女のおじいさんの(自民党旧竹下派の)坂野重信先生(元自治相)のお世話になった。天の導きかと大変喜んでいる」と相好(そうごう)を崩した。

 8日には山形市内で、山形選挙区(改選数1)の新人、元防衛省キャリアの梅津庸成氏の擁立を発表し、「1人区の勝敗が過半数を目標とする選挙戦の大きな要素だ」と引き締めを図った。9日は名古屋市で、愛知選挙区(改選数3)の新人として東京財団研究員の安井美沙子氏の擁立を発表し、女性新人は10人となった。

 党内にくすぶる幹事長辞任論の中、それを振り払うかのように、小沢氏は「参院選」にのめり込んでいる。(坂井広志)

【関連記事】
自民、参院香川で新人を追加公認
自民、松田参院議員を除名 「反党的離党許さず」
自民執行部に「結束」要求へ 長崎県連
自民、参院栃木に女性県議 ネット予備選も実施
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
20年後、日本はありますか?

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)
<夕張市>総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に(毎日新聞)
堀江被告の財産差し押さえ、TV・三味線など(読売新聞)
袋に入った嬰児遺体見つかる 埼玉・越谷(産経新聞)

城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)

 大阪市城東区のゲームソフト店で現金を奪ったとして、大阪府警捜査1課などは8日、強盗容疑で、寝屋川市黒原旭町、無職、西新吾容疑者(34)を逮捕した。府警によると、「生活費に充てた」と認めているという。大阪市生野区や東成区のゲームソフト店でも昨年6〜10月、強盗事件があり、府警が関連を調べている。

 逮捕容疑は1月11日午後11時25分ごろ、大阪市城東区今福西の「おじゃま館蒲生店」に押し入り、店員2人に刃物を突き付け、手足を粘着テープで縛った上、売上金など現金35万円を奪ったとしている。

 西容疑者は昨年秋に仕事を辞め、住宅ローンの返済が滞っていたという。

裁判員「性犯罪の刑軽すぎ」=未遂罪、求刑通り懲役7年−大阪(時事通信)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
「レスしなきゃ」疲労感 たまに「休ネット日」を(産経新聞)
補足給付に福祉財源の投入を−全老健が要望書(医療介護CBニュース)

<H&M>戎橋店オープン 関西初、開店前から長蛇の列(毎日新聞)

 スウェーデン発の世界的カジュアル衣料ブランド「H&M(ヘネスアンドマウリッツ)」は6日、関西1号店「H&M戎橋店」(大阪市中央区)をオープンした。店の前には正午の開店を待つ人が約1キロの列を作った。

 H&Mは東京・銀座に日本1号店を08年9月に出店。戎橋店は国内7店目で、地上1〜3階の売り場面積は900平方メートル。比較的安価な服を短いサイクルで売り切る「ファストファッション」を世界36カ国で展開する。戎橋店は2000店目のため、先着2000人にTシャツとバッグを配布し、限定品のデニムパンツを用意した。行列の先頭で5日午後10時から友人2人と並んだ大阪府守口市の女性(18)は「いよいよオープンで楽しみ。限定品を手に入れたい」と話していた。

 大阪・ミナミでは、カジュアル衣料店の出店が相次ぐ。心斎橋では2店舗展開するスペイン発の「ザラ」に次いで、ユニクロも2店舗目を今秋オープンする。2月27日開業のコレクトポイント心斎橋には「ローリーズファーム」などが入店。百貨店も昨年11月に大丸心斎橋店北館がカジュアル衣料売り場「うふふガールズ」を、3月2日増床部分を開業した高島屋大阪店も若い女性向けファッション売り場を整備しており、競争が激化している。【植田憲尚】

【関連ニュース】
雑記帳:しょっつるパン販売 秋田
大丸松坂屋:1日発足 全国24店で統合記念セール
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
マータイさん:ショップ訪問 小田急・新宿店
四条河原町阪急:今秋に閉店…京都

「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕(産経新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴−新潟地裁(時事通信)
<京橋花月>吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
津波一過 悲嘆の浜 養殖業「もう駄目」 三陸沿岸(河北新報)

<強盗>「すき家」2店被害、栃木90万円、埼玉は69万円(毎日新聞)

 1日午前6時ごろ、栃木県真岡市上高間木(かみこうまぎ)3の牛丼店「すき家真岡店」にサングラスをかけた男が押し入り、男性店員(30)に包丁を突きつけ、「おとなしくしろ。うつぶせになれ」と脅迫した。客はおらず、男は店員を粘着テープで後ろ手に縛り、調理場にあった金庫から現金約90万円入りの布袋を奪って逃走した。店員が男ともみ合った際、右手に軽傷を負っており、県警真岡署は強盗傷害事件とみて調べている。

 同署によると、男は従業員出入り口から侵入。身長約170センチで、マスクをつけ、チェックのシャツに茶色のズボン姿だった。金庫は鍵をつけたままだったという。【岩壁峻、松本晃】

 ▽男2人が店員の顔にスプレー吹き付け

 1日午前3時15分ごろ、埼玉県八潮市大曽根にある牛丼店「すき家八潮南店」の通用口から男2人が押し入り、調理場にいた男性店員(26)をいきなり羽交い締めにしたうえ、顔にスプレーを吹き付けて「金庫の鍵はどこだ」と脅した。店員が鍵のあるレジ付近を指さすと、男たちは鍵を探し出してレジと事務所にあった金庫から売上金計約69万円を奪って逃走した。客はおらず、店員にけがはなかった。県警草加署は強盗事件とみて捜査している。

 同署によると、店員はスプレーをかけられて一時的に目が見えず、男たちの人相や着衣は不明だが、声の様子から40代と20〜30代とみられるという。【久保玲】

【関連ニュース】
強盗:パチンコ店から2人組1300万円奪い逃走 茨城
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山
強制わいせつ容疑:元Jリーガーを処分保留で釈放
裁判員裁判:手錠と腰縄「ショック」 判決後会見
窃盗被告:猶予判決直後に逮捕 別の強盗容疑 岐阜

普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
後輩に「当たり屋」強要 佛教大野球部員が無期停学(産経新聞)
「だまされぬよう聞き分けて」=振り込め撲滅でキャンペーン−警視庁(時事通信)
政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件−京都・亀岡(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。